厄除け

厄年というのは、人生の中での大きな変化の時期でもあり、肉体的にも精神的にも調子をくずしやすい年齢といえます。災厄から身を守り平穏な生活を送れるように、お祓いを受けて気持ち新たに、体調に十分留意して1年を過ごしましょう。

厄年とする年齢は、当社では男性は数え年で25歳・42歳・61歳、女性は数え年で19歳・33歳・37歳・61歳が「本厄」とされます。その前後の年齢も「前厄」「後厄」といいます。 中でも男性の42才は「死に」、女性の33才は「散々」に通ずるという語呂あわせから、万事を慎むべき「大厄」とされます。

 

初穂料

お気持ちの額をのし袋に入れてお持ちください。
5,000円より

 

ご予約はこちらから