年祝い

人生の大きな節目として、年を重ね、無事に人生を送ってこられたことを感謝し、今後の健康と更なる長寿をお祈りする儀式です。(以下年齢はすべて数え年)

還暦(かんれき)

61歳の長寿のお祝い。
十支と十二支の組み合わせは60通りあり、自分の生まれた年と同じ干支がまわってくるのはちょうど61年後になります。干支が一巡して元に戻るというので、赤ちゃんに還り新たな生命力がよみがえるという「生まれ直し」の意味合いから、赤い頭巾やチャンチャンコなどを贈る慣習があります。本卦(ほんけ)がえりとも言われます。

古稀(こき)

70歳の長寿のお祝い。
中国の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀(まれ)なり」という言葉からつけられました。

喜寿(きじゅ)

77歳の長寿のお祝い。
喜の略字が七・十・七と分解されることからつけられました。

傘寿(さんじゅ)

80歳の長寿のお祝い。
傘の略字が八・十に分解されることからつけられました。

半寿(はんじゅ)

81歳の長寿のお祝い
半という字が、八・十・一に分解されることからつけられました。
将棋盤の目が81あることから盤寿ともいわれます。

米寿(べいじゅ)

88歳の長寿のお祝い。
米という字が八・十・八に分解されることからつけられました。

卒寿(そつじゅ)

90歳の長寿のお祝い。
卒の俗字「卆」が九・十に分解されることからつけられました。

白寿(はくじゅ)

99歳の長寿のお祝い。
百の字から一をとると白という字になることからつけられました。

百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ) 上寿(じょうじゅ)

100歳の長寿のお祝い。
もともと上寿は寿命の長いことをさします。長寿を3段階の上寿(100歳)・中寿(80歳)・下寿(60歳)のうち最も上位にあたります。「百賀の祝い」ともいいます。
100歳以上は毎年お祝いします。

 

初穂料

お気持ちの額をのし袋に入れてお持ちください。
5,000円より

 

ご予約はこちらから