七五三詣

七五三のお祝いは 3歳の男女・5歳の男児・7歳の女児 のお祝いで、
神社に参拝して神様のご加護によるこれまでの成長の感謝と、今後のご守護を祈願する儀礼です。

七五三は、古くは「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解き(おびとき)」というお祝いを はじまりとしています。

数え年でお祝いするのが本来ですが、近年は満年齢でお祝いすることも多いようです。
また、参拝日も11月15日の「七五三」の前後にお参りする方が多いですが、ご家庭の事情により、他の時期にお参りされても構いません。

藤基神社では、参拝いただきましたご家族の皆様にも玉串をささげていただきます。
お子様の晴れの日に、神様に今まで無事に過ごしてきたことへの感謝とこれからも健やかに成長するようお祈りしましょう。

「髪置(かみおき)」

3歳の男の子と女の子のお祝いで、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。

「袴着(はかまぎ)」

5歳の男の子のお祝いで、初めて袴を着ける儀式です。

「帯解き(おびとき)」

七歳の女の子のお祝いで、着物の付け紐を取り去り大人と同じ帯に替える儀式です。

 

初穂料

お気持ちの額をのし袋に入れてお持ちください。
5,000円より

 

ご予約はこちらから