十三参り

生まれた年の干支が、初めて巡ってくる年(数え年の十三歳)に行われるのが十三参りです。

数え年十三歳の男女がこれまでの成長への感謝と共に、福徳と智恵と健康を授けていただくために、親子ともども神社にお参りする儀礼です。
また、その年頃は少年・少女から男性・女性へと変化し始めるため、最初の厄年とされています。

陰暦の3月13日(現在の4月13日)にお参りするのが一般的ですが、前後の都合の良い月日に参られる方が多いようです。

 

初穂料

お気持ちの額をのし袋に入れてお持ちください。
5,000円より

 

ご予約はこちらから