神前結婚式

神聖な空気に包まれたお社で、新たな道を歩むお二人の新しい門出をお祝い申しあげます。

ご縁により出会えたことを感謝し、これからの人生を共に助け合いながら幸せな家庭を築くことをご神前でお誓いすることにより、夫婦として結ばれると共に、ご両家が親族として繋がる場でもあります。

お二人の末永いお幸せと、両家のますますの繁栄を祈念し、藤基神社の神職、職員一同真心を込めて、ご両家の挙式を務めさせていただきます。

 

神前結婚式の流れ

1、参進(さんしん)

新郎新婦、参列の皆さまにご整列いただき、神職の先導により社殿へと参ります。

 

2、修祓(しゅばつ)

心身を清らかにする儀式です。新郎新婦ご両家の皆様をお祓いいたします。

 

3、斎主一拝

挙式を始める上での神様へのご挨拶です。

 

4、祝詞奏上(のりとそうじょう)

夫婦になることを奉告し感謝と末永い幸せを祈願します。御低頭いただき、心中にて共にお祈りください。

 

5、三献の儀(さんこんのぎ)

御神酒を大・中・小三つの盃で互いに汲み交わすことにより、夫婦としての契りを結びます。

 

6、誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が家庭の円満と子孫の繁栄を祈念し、誓いの言葉を神様に申し上げる儀式です。

 

7、指輪交換の儀

お互いの誓いを込めて指輪を交換します。

 

8、新郎新婦玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦が心中にて祈念した気持ちを玉串に込めて神前へ奉じ、神様に拝礼します。

 

9、ご両家玉串奉奠(たまぐしほうてん)

それぞれの親族代表が二人の末永い幸せを祈念し神前に玉串を奉じ、参列者揃って神様に拝礼します。

 

10、親族固めの盃

新郎新婦ご両家の参列者が御神酒を汲み交わし、ひとつの親族としての絆を結びつける儀式です。皆さまご一緒にお祝いの言葉とともにお召し上がりください。

 

11、斎主一拝

挙式を修める上での神様へのご挨拶です。

 

 

社務所にて親族紹介を行うこともできます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。